条件

銀行口座

  • 特になし(ただお金を受け取ったり、引き落としたりする口座があれば良ければ)
  • NIE (スペインの銀行口座を開きたければ)

携帯番号

  • 現地に携帯番号のある友人
  • 住所が決まってると便利かも

銀行口座の取得

Wise

海外移住を考えている人は、必ずWiseの存在をご存知なんじゃないでしょうか?ほぼマーケットと同じ為替レートで各国の通貨を換金することができます。また、一つのWiseアカウントで通貨ごとの"銀行口座"を作ることができます。私も、自分のアカウントで€の銀行口座を開き、Wiseのアプリ上でブリュッセルに銀行口座が開かれたことを確認できました。移住後に給料を支払うために、雇用者からIBANなどを聞かれたら、Wise上のユーロ口座のIBANを伝えれば、そこに直接給料が振り込まれます。また、日本でWiseのカードを¥2000でゲットして、スーパーなどの買い物で使えば、自動的にユーロの口座からデビットで引き落とされます。驚いたのが、日本円->ユーロの両替のスピードです。手順としては

  • Wiseで自分のユーロの口座にいくら送りたいか入力する
  • 日本円でWise宛(Paypay銀行の口座)にいくら振り込めばいいか伝えられる
  • 言われた額と同じ額を自分の銀行のオンラインバンキングを使って振り込む(この際に振込手数料は取られる。だが、銀行の国際送金の手数料に比べれば微々たるもの)
  • Wise側で、振り込みが完了したことを伝える

この手順を踏めば、私の場合当日中に指定した額のユーロが自分の口座に入っていました。USDでもWiseを使ったことがあるのですが、その際は2~3日かかったので、驚きました。 こっちで現金をATMから引き落としたければ、前述した¥2000のWiseカードを日本で手に入れる必要があります。また、日本のWiseはGoogle Payなどに対応していないので、物理カードをゲットしておくことが無難なのではないでしょうか?

N26

Wiseは普段の生活に支障は無いかもしれませんが、一つだけネックなのは、ユーロ口座が実質ベルギーの口座になってしまっているということです。後述する携帯電話の契約を結ぼうとした際に、スペインの銀行のIBANでないと受け付けないと弾かれてしまいました。今後もそういった事例が発生するかとも思い、スペインの銀行口座を開くことにしました。

目をつけたのは、N26。理由としては、オーストリアの友人がおすすめしていたから。ここも、有名なオンラインバーチャルバンクの一種で、バーチャルであるからこそ、実際の銀行のような煩雑な現地での手続きなどを踏まなくて良いと思い試してみました。

携帯にアプリをダウンロードして、口座を開設する国にスペインを選択し、後はNIEなど、必要な情報を入力する。後は、個人の認証のために、パスポートの写しなどを指示に従ってアップロードするだけ。申請を完了させれば、後は承認されるのを待つだけ。申請して本当に数時間も立たないうちに受理されました。

ちなみに、N26は色々とビジネスバージョンだったり、一月にいくらか払うと、ATMで現金をおろせる回数が増えたりなど、色々とプランを選ぶことができます。私はとりあえず月額無料のビジネスのバーチャルカードを選びました。なぜなら、安いし、物理カードを受け取るすべ(まだ日本にいたから)がないから。現地に行って、必要を感じたら10ユーロ払ってカードを貰えばいいやと思っていました。ちなみに、これを書いている現在、スペインで一週間バーチャルカードを使って過ごしていますが、特に問題はありません。どのお店もNFCのリーダーを持っているので、携帯さえ持っていれば、とりあえず支払いはできます。もしできなくても、バックアップにWiseの物理カードがあるので、今の所現金を使わなきゃいけない場面には出くわしていません。

今の所、N26にはWiseからお金を振り込む形でチャージをしています。手数料はかかりますが、いくらWiseから送金しても、€0.28と微々たるものなので、特に気にせずにチャージしてます。

これでめでたくスペインの銀行口座をゲットすることができました。手に入れたスペインのIBANで携帯の契約をすることにしました。

携帯番号

まずは、携帯のキャリアをいくつか調べました。どの会社も20GBとかけ放題で€20くらいのプランが多く、日本の大手キャリアに比べれば安いと感じるものが多かったです。他にも面白い特典などもあり、例えば、Vodafoneのプランは、週末はデータがカウントされないそうです。他にも、値段で見れば、MVNOがやはり安いです。Lowiなんかだと、20GBかけ放題で€10くらいのプランなんかもありました。

その中で私はMovistarの電波を使っているMVNO(イギリスなんかだと大手キャリアですが)O2を選びました。選んだ理由としては、

  • 5Gが使える
  • 値段がまあ妥当 (€10/month)
    • 20GB
    • 電話し放題
    • SMS送り放題
  • eSIMが使える
  • 名前を知ってる
  • カバレージが、Vodafoneより広い です。

カバレージに関しては、バルセロナの町中に入る分にはあまり関係ないかもしれませんが、上にリンクしたマップを見る限り、田舎道なんかのカバレージと5Gの電波塔の範囲では、Movistarが勝っているのがわかると思います。 東京で5Gの速さに慣れてしまったので、正直5Gをカバーしていないプランは考えていませんでした。後、ついた瞬間に使えるという安心感が欲しかったので、海外からでもアクティベートできそうなO2を選びました。

入手方法

入手方法は至って簡単で、O2の申し込みのページで、名前、生年月日、NIE、さっき入手したN26のスペインの銀行口座情報などを入力するだけ。一つだけトリッキーなのが、連絡用の電話番号を入力しなくてはいけないこと。電話番号が無いんだから、申し込むんだろうが、ってツッコみたくなりますが、日本の番号は受け付けてくれないので、仕方なく、ルームメイトにWhatsappで許可を取り、彼の電話番号を入力しました。そうすると、認証コードが彼の元に行くので、Whatsappで教えてもらい、認証を完了させました。ルームメイトがいなかったら、おそらく諦めて、現地でVodafoneのストアで契約するとかしかできなかったでしょう。

とりあえず、申込みが完了し、後は個人の認証のために、指定されたメールアドレスに自分のビザの写しとNIEの通知書を添付して送信しました。そしたら、数日後に自分の電話番号が書かれたPDFが送られてきて、その中にあるQRコードを、携帯の設定にあるSIMを追加する手順からスキャンし、SIMをダウンロードすれば、完了です。O2のプランには、ヨーロッパ内でのローミングしか無いので、その場で接続を確認することはできませんでした。ですが、実際にバルセロナに着陸した瞬間、飛行機の中でLINEの通知を勝手に受信し始めたときは、安心しました。入国してからは、SMS、電話、データ通信は全く問題ありません。もちろん、日本の様なカバレージは期待していないので、ピソの部屋からのデータ通信はとても遅いですが、道でマップを見るなんかは、問題なく読み込みます。町中では、4Gでも下りが120Mbpsくらい出ます。申し分ないです。地下鉄でも、あまり途切れることなく使えます。

こっちに来てからでも十分かもしれませんが、日本にいるうちにできるので、時間節約のためにも、是非試してみて下さい。